マンハッタンカフェ産駒の特徴

父に似ずスピードを生かすタイプがいたりとバラエティ色のあるサンデーサイレンス系種牡馬として活躍しているマンハッタンカフェ。 もちろんエリザベス女王杯を勝ったクイーンズリングや天皇賞(春)を勝ったヒルノダムールなど長距離タイプも存在している。 ノーザンダンサー系の繁殖牝馬と相性が良く活躍馬を見ても上位を占めている。この特徴を知っておくと一口馬主の投資競馬で効率の良い出資も可能になりそうだ。 どちらかと言えば牡馬の方が活躍しているが賞金トップは牝馬と性別を問わない活躍を期待できる。 特に関西厩舎での活躍が多いため、その傾向を踏まえておくと馬券にも生かすことができるだろう。

マンハッタンカフェ産駒は、 父と同じくスローで決め手を発揮する馬が多い。この為、新馬戦では強い競馬を見せることが多いが、クラスが上がると苦しみ出すパターンが見られる。
産駒一覧

マンハッタンカフェ血統

競走馬名:マンハッタンカフェ

血統:父サンデーサイレンス 母サトルチェンジ(ローソサエティ)

父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母はローソサエティ産駒のサトルチェンジ。

G1勝ちはボチボチと送り出すものの大物とまではいかず歯がゆい産駒が多い。 どちらかと言えば牝馬の方が活躍が目立っている。今後のクラシックホース出現に期待して見守りたい。 後継種牡馬になりそうなジョーカプチーノは種付け頭数が少なく大物は期待しづらいところ。 将来的にマンハッタンカフェ系として血統をつないでいくことは難しくなりつつある。

種牡馬リンク

アグネスタキオンジャングルポケットフジキセキブライアンズタイムダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハ
ネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエス
マンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトル
ステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュールエルコンドルパサー
フサイチコンコルド