マンハッタンカフェとは

重馬場の新馬戦で2着した後、2戦目で初勝利を飾る。 素質を高く評価していた陣営は3戦目にして皐月賞トライアルレースである弥生賞へ果敢に挑戦した。 しかし、不良馬場もあってかアグネスタキオンンに1.1秒差をつけられる完敗に終わった。 必勝を期した4戦目は、激戦の反動か見所なく沈み目標を秋の菊花賞に切り替え一時休養に入ることとなった。

4ヶ月の休養を挟み夏の北海道競馬で復帰を果たすこととなった。 心身ともに充実を迎えたマンハッタンカフェは、2600mの条件戦を2連勝し最後のクラシックへ望みをつないだ。 菊花賞へ向けて確かな手ごたえを感じ取る陣営であった。

夏の上がり馬としてセントライト記念(G2)に参戦するも4着となり優先出走権を得られなかった。 それでも菊花賞(G1)に駒を進め出走にこぎつけることに成功。 6番人気の評価をあざわらうかのような快走を見せ、陣営の期待通りに最後の一冠を制した。 続く有馬記念でも快進撃は止まらず古馬を相手にG1を連勝した。 4歳になり年明け初戦の日経賞では圧倒的人気を裏切り6着とアッサリ敗れた。 惨敗から巻き返すべく臨んだ天皇賞(春)では、有力馬の一角を担ったジャングルポケット、ナリタトップロードを破り見事3度目のG1を制覇した。

勢いを借りて、凱旋門賞に出走するが13着と大敗。その後、故障が見つかり引退した。

マンハッタンカフェ血統

競走馬名:マンハッタンカフェ

血統:父サンデーサイレンス 母サトルチェンジ(ローソサエティ)

父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母はローソサエティ産駒のサトルチェンジ。

マンハッタンカフェ産駒特徴

マンハッタンカフェ産駒は、 父と同じくスローで決め手を発揮する馬が多い。この為、新馬戦では強い競馬を見せることが多いが、クラスが上がると苦しみ出す馬が多い。
産駒一覧

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキクロフネ
ブライアンズタイム ダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハ
ネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエス
マンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトル
ステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュールエルコンドルパサー
フサイチコンコルド